03/25のツイートまとめ

Zero_Areas

なぜ、こんな時間にパソコンを開いたのか忘れてしまったが、たぶん、眠るためだ
03-25 23:25

愛されていることを知るために、別れ遠ざかってゆく背中を見つめる瞳が必要だったのだ、いや、涙が、哀しみが、そして憎しみが必要だったのだ
03-25 23:23

<仕組み>の美しさへの感嘆は、世界の創生を神に委ねる感情に近い
03-25 23:20

影絵というフェイクにおいて、フェイクを作りなす光やスクリーン、物体たちに興味は必要だろうか、しかし光源の距離や方向、強さやスクリーン、そして物体たちの三次元的な配置、それらが織りなすフェイクとしての影絵、そういった構造もまた、美しく感じはしないだろうか
03-25 23:17

もう愛していない、ということばほど強く愛を刻むものはない
03-25 23:10

存在しないことを告げるために、まず存在することを告げなくてはならなかった
03-25 23:08

原因を探し求めてる間に、結果そのものが、どんどん変化してゆく
03-25 13:11

ある種の、すべて(たとえば感情)からの自己の切り離しによるすべてからの離脱
03-25 12:49

「縁起(因縁)」は仏教のメインだが、お釈迦様の実践的教えとしては「原因は(そして、その結果も)今、ここにしかないよ」ということだったのではないだろうか
03-25 12:46

なにを言いたいかというと、突如、おいしいウナギが食べたいという考えがよぎったということである
03-25 08:43

続きを読む

2017-03-26 04:18 : 自動投稿 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

季節に花は咲かない

なんども、なんども、だ
遠く…と書いては(あるいは言っては)立ちどまる、
あるいは、それを待っては流れゆく花という花が咲くのだ
まるで季節を問うことを知らない花たちが狂い咲くのだ
遠くに、遠くで、遠くまで、なんでもよいのだが、
近くさえわかりはしないので、遠くと呼んでいるだけなのだが
砂埃のような季節さえもが通りぬけようとしたが、
かれらは諦めて別の道を探しながら消えてしまった
もう、きみの後ろ姿すら覚えていない夕暮れ、
遠く、そうだ、遠くを通りすぎるようなふりをしながら
愚かな満員電車が立ちどまっている
その響きがいつまでも途絶えることを知らないので、
まるで、その街には永遠というものが存在するかのようだったし
その永遠のなかにだけ、あの、無数の花たちが咲き乱れているかのようだった
無数の、むすうの永遠の花たちが永遠を咲こうとしているようだった
2017-02-22 00:00 : Zero Areas : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ツ 過去メモ~20170215~ 分転記

適当&ランダムに(一部改変)

続きを読む

2017-02-15 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

週末プレゼント

まるで四月を雪で降りながら北を目ざすように、きみが電車を降りてくる
いつでも週末は、あまりに遠い月日を数えすぎたに違いないと想わせる
もっと温かいなにか、たとえばスープのような、そんなものを創造するべきだろう
風だけで道ができてしまうような異教の国ではスープという食べ物は知られていないらしい
物憂げに週末の電車がおし黙っているが、黙ったままでしか走れない(のだ)
週末の疾走は、つまり…沈黙でしか成立しない、ということだ(ろう)
2017-02-04 00:00 : Zero Areas : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ツ 過去メモ~20161101~ 分転記

適当&ランダムに(一部改変)

続きを読む

2016-11-01 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ツ 過去メモ~20160601~ 分転記

適当&ランダムに(一部改変)

続きを読む

2016-06-30 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

存在しないように瞳は、瞳が存在しない

土塊のような空だった、木の根が光っている
川の瀬音を想いだそうとしながら、遠くを行き交う街を想いだす
走馬灯のように、という言葉が想い浮かぶが走馬灯は想いだせない
雲のように、だれしもが去っていった
ひとり、動けないまま、土塊のような空だけを見あげている
泣きやむことを知らない赤んぼうの泣き声に共鳴させる
静けさに似せた朝のように、光りつづける木の根を見つめながら
いくつもの、無数が通りすぎるのを、ただ見つめている
いくつもの、無数の、見えないものたちへの叫びを聞いている

(初出:2016/06/28 From note)
2016-06-28 00:00 : Zero Areas : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

拝啓


Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補