02/14のツイートまとめ

Zero_Areas

猛る晩冬の夜のネコよ
02-14 00:16

残念ながら<意味>のなさは<感情>のなさではないのだよ、むしろ逆だ
02-14 00:14

夜の滅びを紡ぎ巡礼する月を仰いで、それでもあなたは眠っている死に潜りこむ
02-14 00:13

2018-02-15 04:17 : 自動投稿 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

02/12のツイートまとめ

Zero_Areas

疲労こそは犬のエサ、街のあちこちに腐乱する、羽化し損ねた刃たち
02-12 18:24

ということでワタクシ、今日も疲れています、疲れた雪を眺めてお風呂を想いだしたりして、とろけるようなお肉を鼻先にぶらさげた犬のように
02-12 18:22

一人称なんて、どれ使ってもええのよ?と、実践してることにすら気づいていないくらいのひとにならなくてはならない
02-12 18:19

<ぼく>であるというのは<恋愛の放棄の不可能性>に対して受身であることで絶対的な支配を獲得しようとする戦略だったりするので、美しく見えたりする効果さえあるのは生物学的に当然だったりする
02-12 18:18

あまりにかなしいことに、<恋愛>というのは、やはり<生存>と同義で、すくなくとも<成体の生存>と同義なものだから、そして<非老化成体の生存>と同義なものだから
02-12 18:14

なぜ親子関係に還元して語ることが避けられるのかというと、そこには<恋愛≠恋nor愛の放棄の不可能性>というのがある
02-12 18:12

他者との関係って、ほんと陳腐だけど親子関係の反映以外のなにものでもないんだなぁ、と想っているところ
02-12 18:09

2018-02-13 04:16 : 自動投稿 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

02/11のツイートまとめ

Zero_Areas

この辺から動画漬けになっていたが、どういう脈絡だHiromi Go - Goldfinger 99https://t.co/C1rwPHAnk4
02-11 18:05

メジャー・デビューしてるけどカッコイイこだAnly(アンリィ)オリジナル曲:ManualからのEd Sheeran:Shape of Youhttps://t.co/HyyzK3IRRR
02-11 17:16

小学生のころ、先生が弾いてるのを見て聞いてしてるうちにアランフェス(2章のソロ部)が弾けるようになってて驚かれた理由が今ならわかる
02-11 16:51

簡単そうに見えるけどね、なら、やってみーや的な…米津玄師「Lemon」〜10歳女子が弾くソロギターアレンジhttps://t.co/MzvzF1eWR2
02-11 16:50

ウクレレ、すげぇ…とはじめて想ったかも勝誠二 - ルパン三世のテーマ '78バージョン - .mpghttps://t.co/iveRSC0tDK
02-11 16:48

「なにやってんだコイツ?」的なところからの展開が好きすぐる勝誠二さんの「カノン」https://t.co/FOfoOaUF6o
02-11 16:40

あまりに楽し気で驚いたウクレレ弾き語り「恋するフォーチュンクッキー」https://t.co/Sxw5Ehz7tc
02-11 16:29

2018-02-12 04:16 : 自動投稿 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

02/10のツイートまとめ

Zero_Areas

ベンチに座っていると行きすぎる人を覚えていないように、時間は固定化されてわたしたちを覚えていることができない
02-10 23:00

終わりの予感は終わらないけれど、終わらない予感は終わるね
02-10 22:55

夜の声に置き忘れられた涙のように https://t.co/ftxy6BX3Vv
02-10 22:51

夜が消えるだけ、夜に変わっていくだけ、殺された眠りのように、干からびた夜が消えるだけ
02-10 19:49

拙すぎると嗤われるしかないような闘いを、さあ、それでもはじめようか
02-10 19:47

苦しみの距離でしか近づいてくれなかったことばたちが、苦しみの距離で遠ざかりもせず、ただただ、傍観している
02-10 19:45

いまを書けたら、もう二度と書かなくていい、そう想えるほどには苦しんでる
02-10 19:44

死ぬことの、あまりの容易さに私は、やはり死にたくはないと意思するほどには哀しんでいるのだ
02-10 15:52

レモンに似た一日を想いだしては、<うしない>だけに満ちた午後を生きぬいている
02-10 15:51

まるで疲れた夜にだけ眠る宝物のように抱かれていたきみを想いだすね
02-10 00:10

2018-02-11 04:16 : 自動投稿 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補