彼我

以前にも触れたことような記憶があるが、二度の千日回峰行(二度の回峰行を為したのは比叡山千年の歴史中三名のみ)を遂げた酒井雄哉大阿闍梨のインタビュー記事で、行中瀕死状態での異常感覚について触れられている。
香灰の落ちる音、数km離れたところで作られている味噌汁の匂いをはっきりと感じたのだそうだ。
実際(科学的)に、そういう「知覚」が確認されたわけではないが、自我が崩壊する寸前では、通常、我々が想像することも出来ない何かが生じることだけは確かなようだ。

続きを読む

2008-06-28 11:41 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

無意味への

>観る人、読む人に幸福感を与えるものは、残念ながら作品ではない、あるいは、失敗した作品だと思います。これを証明するのはむずかしいですが、たぶんそうだろうと思っています。

Mさんの「地下鉄にて」と題された記事コメント中の言葉である。
フと私の先生の言葉を思い出した。

続きを読む

2008-06-27 01:03 : 消去一葉 : コメント : 1 : トラックバック : 1 :
ホーム

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補