ひとり都のゆふぐれに(初出:2006年06月30日)

「ひとり都のゆふぐれに・・・」

回廊さんの記事を読んでいて、鹿児島の祖母、そして室生犀星の詩を想い出した。
「異土の」で検索したら綾見さんのブログが。
不思議なものです。

私は、厳密には郷里を持っていません。
父方の血族こそ鹿児島は知覧の地に根を下ろしておりますが、
15で鹿児島市内に出た父は高校を卒業するや上京し、今の私を持つに至ったわけです。
それでも、やはり私にとっての郷里は鹿児島です。

続きを読む

2009-09-09 23:07 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

豊穣なる呪の世界(初出:2006年06月27日)

中学生の後期からだろうか、現代思想というのに興味を抱いて乱読した時期がある。
特に興味深く読んだのは記号論だろうか。
流行(はやり)ということもあったかもしれない。
言葉、文字の魔力めいたものに魅かれたのは、その時期の経験も影響している気がする。


続きを読む

2009-09-09 23:03 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

刷り込まれた膨張(初出:2006年06月26日)

TVで援助交際紛いのことやらなんやらをしている少女達のルポ番組。


続きを読む

2009-09-09 22:59 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

天川(初出:2006年06月23日)

満月浮かぶ 濃紺に霞川
笹舟 浮かべて乗りましょう

永の年月も悪くはないのです
乙姫様が呉れた 葦笛

とおく、とほく葦笛は響く
その先に 何を得る

頬掠める塵星が散る
頬打つ涙雫が散る

あなたは何故に そんなに啼くのですか
せっかく集った蛍火も 霞んでしまうではありませんか

彼方に微笑む満月は
あなたの涙に濡れ鼠

あなたが啼くと 私の葦笛も震えます
あなたの涙で 私の葦笛は震えます

笹舟の縁が濡れるのは
あなたの涙のせいでしょうか

やがて涸れることも忘れ
そうして涙し続けるのでしょうか

笹舟は独りきり
どこかで遭う
あなたを求めて独りきり

続きを読む

2009-09-09 22:56 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

そこには(初出:2006年06月22日)

フと気付いたのだが、私の書くものには「人」がいない気がした。
いや、人がいない。恐らくは、存在してない。
そのことに気付いて、少し自分が怖くなった。


続きを読む

2009-09-09 22:54 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夜の底(初出:2006年06月21日)

「夜の底が白くなった」(「雪国」川端康成)
綾:感覚を、奉ずるということ;横光利一と川端康成 - livedoor Blog(ブログ)より

川端康成はともかく、横光利一の記憶は既に私には遠過ぎますが、確かに新感覚派や新感覚主義という言葉は記憶に残ってます。
それを、やはり朧な記憶の川端康成から引いたとして・・・そして、風さまの解説(?)を頼りに考えたところ、いや感じたところを。

続きを読む

2009-09-09 22:51 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補