色褪せたまま封を切り忘れていた手紙を見つけた日

そうして哀しみの真空帯を越えると風の激しさは増し
頬切る冷たさの刃は言葉を共に切り裂いて
伝えるべきと信じていた全てをも彼方へと追いやり
特に愛という偽りを微塵へと返してしまったのだった

 それが良いことだったのかは分からぬが
 救われようのない時には有難いものなのかもしれない

忘れるべきものを手放した気軽さと虚しさは格別で
もう二度と、そうでなかったことにはならないのだと
忘れる前にすら戻ることは出来ないのだと
ただ揺り椅子に身を預けたままに人は想い
そのリズムの中で生を刻むべき生活に戻ろうと足掻くが
如何せん不器用な人も多いのだと同情を禁じ得ない

-私の特技は忘れることです
そう言って明るく自らの席に座る少女
その隣から、ぶっきらぼうで不器用な挨拶しか出来ない少年
二人の間を何事もなく歩き抜ける教師
学校の教室は、いつでも三人で成り立っている
付け加えるならば三人の内の誰でもない誰かが添える花瓶

夏の日差しを避けながら秋は静かに訪れるものだろうか
急激に冷え始めた朝夕の風に吹かれながら
遮られた視界の先に見出そうとする夕景の影
いっそうのこと美しい雪に埋もれてしまえば良いのにと
プールの水面を撫でながら泳いだように
空っぽの時間は誰知らず過ぎてゆく
想う人を置き去りに、あるいは先んじて

その歌を懐かしんではならない
どこへも、誰にも聞かれずに遠くへ送った歌
今日の夜、どこかで歌われているかもしれない歌
それは、もう歌い終えたのだ
もう今は、ほんの少しだけかもしれないけれど
新しい歌を覚えながら眠るべきなのだ
2013-08-31 00:00 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補