本当に必要な本の数

これはこれは!世紀の大発見である!!
君は一体、一日に何ページの本を読むか?

ふむ、百ページから三百ページ・・・
それはそれで、さぞかし大変であろう?

考えてみたまえ
一日に百ページを読むとしよう
そして、まあ、三百ページを一冊の平均としよう
三日で一冊、一年で百二十冊だよ、君!

一冊が文庫本でいくらだい?
千円なら年間、なんと十二万円だよ!

そ・こ・で、だ
私の発見したる画期的なる方法よ!
君、これ以上ないほどの難解極まる書を選びたまえ
出来れば日に一ページ進むのがやっとであればよろしいのではないかな?
君が優秀であることは知っているから
なんなら異国の言葉で書かれた書なら、どうだろう?
仮にその書が箱入り、豪華装丁で、少し奮発して二万円だったとしよう
しかし君!なんと!!
君は一年間、この書、一冊で済むのだから二万円の出費で済むわけだ!!!
計算すれば十二万から引くことの二万円
なんと十万円の節約が出来るではないか!

え?図書館で借りているから何冊でも無料だと?
ええい、図書館なぞ焼いてしまえ!
あんなところは書の墓場だ!
そも、書とは我がノートの原本なるものであるから書というのであって
自らペンを持ち、想うままに線を引き、想う所を書けぬ書など書とは言えぬ!

ああ、そうさ、その通りだ!
そうしてきた結果が、このあり様さ
読まんと買った書は山とある
だがどうだい?
実際に目にしたのは表紙と裏表紙くらいのものだ!

しかしね、君
実際の所、書の書たる所以は最適なる枕であることなのだよ
これが本当のところだ
三冊も重ねて頭を乗せてみるが良い
書の真に有用なることを実感すること請け合いだ!

かくして生涯に必要なる書は、三冊ほどを目安とするものである

以上
2014-06-22 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補