霧に、霧の中に

深い霧の中で肩を寄せて囁く嘘は
真実に似た響きを持っている
更に霧が深くなれば嘘も消えるだろう
森が川に隠れるように
あるいは湖が古城に隠れるように
ついに挫折した海を目指す街が
廃墟に隠れて空を見上げるように
霧の深さでその歴史は覆われる
砂に紛れた星の光の輝きを
昼前の砂場で見つけては漁るように
霧をかき分けては探す人
壊れた時計の刻音を
夜を過ぎる足音に聴き
夜霧を追って海に出る人
愛の替りに深い霧を与え
自らを覆い隠して安らかに眠る
欠けたままの月の明かりを
ぼくたちは霧の中に探している
2014-07-12 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補