大人ってさ

ささやかな生計のために
身を売り、子を売り、命さえ売る
飽き足らぬのか銀行家たちは
まだ何を求めるというのか資本家たちは
君たちは何を求めているのか
空蝉でしかない現身に
もう、飽いているのだ
そのような下らない様々なしがらみには
銃を渡したまえ、連射砲を
それで少しは終わらせることが出来よう
ミサイルなら、なおのこと良い
もう少し終わらせられるものが増えるだろう
少し終わらせたからといって
何も変わるものでもないだろうが
それでも多少でも気が晴れるなら
それで、良いのだ
終わらせたいのだろう、誰もが?
ニーチェを気取って狂うのも良いが
狂う前に終わらせることだ
銀行勘定などというキチガイ沙汰は
お前たち<が>何をしたという
何をもたらしたという?
人を壊し、家族を壊し、街を壊し
あまつさえ一つの国さえ壊し
最後は世界を壊し尽くすしかなかろうよ
地球など、また蘇るに決まっている
世界など、所詮は地球の上のことだけだ
生殺しが趣味なのは分かっているが
いい加減、もう飽きたろう?
せめて私を殺せ
私が殺すのを待っているのか?
それなら殺して殺して生殺し、だ
生きたまま殺されている時間の
なんとも永遠に近き長さだよ
殺せ、殺せ、お前たちの趣味で殺せ
2014-08-09 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補