雨を見るだけで乾いてゆく

救済の絶える川の流れに
一つのつぶやきとして流される愛は
誰と誰とを結ぶものなく、しかし
始まることなく終わった出会いがあり
出会いのなかで終わった始まりがある
河口では川が海に変わろうとするだけでなく
海も川になり代わろうと
知られぬままのすれ違いがぶつかっていて
海で絶える救済があるのだ
波打際で海にも砂浜にも属させられないまま
永久に放浪するだけの漂流物たちや
限られた汽水域でだけ生を与えられる幼体や
不自由さは決して救済から遠いものではないけれど
(むしろ自由さは最も救済から遠い)
遠くを降る雨を見るだけで乾いてゆく砂丘のように
一足ごとに希望を奪ってゆく砂を歩きます
徐々に、徐々に息絶えるように
徐々に、徐々に希望を奪ってください
考えられる救済など救済であったためしはなく
新たな絶望を背負うだけになるから
もう決して誰も愛さないように
徐々に、徐々に息絶えるように
徐々に、徐々に希望を奪ってください
2014-09-04 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補