死に至らしめる病

根腐れした花は水を与えられ過ぎ
溺れ死ぬように枯れてしまった
誰もが見守るなかで気づかれもせず
見えないところから死んでいってしまった

泳ぐことも逃げることもせず
ただ受け容れるがままに受け容れて
植木鉢は残酷な軛に見えたろうか
好きなだけ根を張ることは出来たろうか
狭い窓枠から見る空は
野でさえぎられる視界よりも広かったろうか

名が知られて大事にされる花とても
希みの一つもあったわけじゃなし
きっと、それは私たちの一人ごち
よく聞くような幼稚で勝手な想い込み
しかし-とも想う

勝手な想い以外に、どのような想いが?

根腐れした花と残された土とを
細い一本の木の根に盛り均し、見上げれば
青々とした葉の
眩しい季節が広がるだろう
2014-09-06 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補