シケモクの朝

「やけにウルサイな」
なんて、目が覚めたら怠けた店のシャッターの前だった。


目を開け、初めて眩しさに気付いて痛い。
酔頭まで痛みに気付いて厄介この上ない。

アスファルトは暖光に喜んで臭い靴を喜んで御出迎え。
鬱陶しい大根の行列を眺めてたらアレがない。

作らにゃいいのにとしか見えない植え込み。
でも有り難い事にソコにある。

と思ってよくよく覗けば実体を失っている。
葉のない煙草が死屍累々。

煙草なしで過ごせと言うか。
そういえば、と無意味な問いかけが頭を巡る。

俺は、ここで何してるんだろう?

(初出:2004年12月04日)
2006-08-24 13:51 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補