想一葉、兼訪問帳

「無意味という意味」ちょ:まっく 一言欄兼用です、お気軽に(^^)

↑新

お前らに言うことはなにもない
なにも、だ

愛するひとには場所がない、愛するひとには時間がない

さらに苦しめに、さらに悲しめに

実際に耐えなければならないのは<恐怖の不在>である

対象が存在するような事態が意味を持つのではなく、状態が意味を作り出す。
不安は足場への固着状態である、焦燥は整序への固着状態である、譫妄は存在への固着状態である。
つまり、あらゆる恐怖は、存在し得ないのだ。

ただ意味という無意味を背負った悲喜劇が通り過ぎてゆくだけのことだ
愛することでこそ孤独だという単純なことさえ見失っている

私達はエンター・キーを押したと想いながらBackSpaceキーを押すものだけれど、それは単にキーの配置のせいだと大嘘っぱちな本当を誰かが言っていた。

孤独を知らない優しさ程、厭らしい偽善はないかもしれない。そして多くの場合、孤独と孤立は混同されている。厳冬の雨の優しさに打たれた時、人は、その意味を知ることが出来るだろう

終わりが始まることはない。いつもただ、始まるだけだ。そう、ただ祈りが始まるだけだ。全ては終わってしまったのだから。

独り言に疲れたら、話さないかい?君に起きなかった全ての事を、私に起きなかった全ての事を。それらを合せた全ての事を。先に話すよ、こんなにも君を愛している事を。

だから眠ろう、もう少ししたら 明日の計画を書き込んだノートを手に 今日見た、聞いた、触れた そんな全てが、いつだって重過ぎるから 持ち切れない全てを眠ろう

青い空を望むことすら罪であれば、罪にならない望みとはなんなのだ。希望を持つことが罪だというなら、全ての人は罪人じゃないか。

人間は言葉によって裏返されてしまったのさ。命があるから自分がいるのに自分の命だと言ってみたり、生きているから希望をもてるのに生きる希望を持てと言ってみたりね。たいていの場合、言葉は人間を虚無やら絶望やらに追い遣ると想って間違いないのさ。言葉ってのは、いつでも過去のものなんだ。

純真という美徳が大人を醜悪なものに追いやるという、いつもの方法だよ。大人の美徳というヤツは、いまだに誰も知りやしないんだ。

この田舎町では磁石など通用しやしないんだよ。地図なんて眺めても無駄なのさ。分かった気で進んだら終わりだけどね、進まなければ道に迷うことも出来ないじゃないか。ここに住めるかどうかは迷う気があるかどうか、が第一だね。迷いたくなければ元の街に帰るこったね。

ここに私はいるらしいという狂おしい感覚が、全ての始まりだった。

異界への裂け目だけが、この世を照らす。

生きるために希望と絶望のどちらを選ぶ者なのか、どちらに属する者なのかを知らずに歩くことは、方位磁石なく彷徨うに等しい。

意味ある世界への抵抗は人であることから生じる必然的行為であるが、意味づけの動機自体すら意味ある世界への抵抗であることを、我々は幸福に忘れてしまうことがある。

恋に囚われた男だけが自分の愚かさに気付く。

男は「所詮」と口にしたまま石になった。

歴史は繰り返さないという視点を忘れた歴史学は、ひたすらに繰言を続けていれば何かが変わると想っている人々に似ている。

理解されないことではなく、理解出来ないことに対する悲しみを埋めようという彼の試みは、余人の想像を絶する膨大な著作として残った。しかして彼は、自らの墓石に何も刻まぬことを望み、その望みは叶えられたのであった。

虚偽とは全ての真実の始まりである

誰も知らない終着駅に向かう千切れた言葉達

創り手の蒼い影

↓旧

2006-07-07 00:00 : 消去一葉 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補