アーノルドよ!

アーノルド、突然だが私は、君に話したいことがある
あの「フルフルフル・・・」と、不思議な笑い声を漏らす婦人のことだ
そして、その笑い声の跡を辿るような沈黙のことを

アーノルド、確かに私は知らないんだ、君のことは
君が私を知っているかの方が重要だとは感じているが、しかし
アーノルド、
私は君に今、話し掛けたいのだ
姿形を持たぬ一人の人としての君に
どこから訪れたのかを尋ねたいのだ

アーノルド、
それは私の異名なのか?
もしや君の国で暮らすことがあったのなら、
そう呼ばれるであろう私の名前なのか?
アーノルドよ、答えておくれ
大したことじゃない、急ぎでもない

しかし、アーノルドよ、
確かに、そして少なくとも私は君を知った気になって
話し掛けてみたかったのだ、アーノルドよ!

*脈絡もなく想い浮かんだArnold(アーノルド)とは、
 鷲に関連する名前らしい
2014-10-10 00:00 : 試詩的終宴 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補