脱糞と浣腸と

表現対象と表現者と表現結果と鑑賞者。
表現結果は常に表現者と鑑賞者の間で揺れている。
語り尽くされた「メタ」。

何のために書くのだろう?
書かねば出処を失うもの。
出処を失ったとはいえ、何故にそれほどに苦しめる?

と、ポツポツと「形」にされるお前達は、まさしく糞でしかない。
書くと言えば格好が良い脱糞行為。

脱糞の強迫観念からか何故か、浣腸までして糞をする輩も。
そんなにまでして脱糞から逃れられないのは何故だ?
糞は糞。

喰ったはいいが、どうせ消化し切れていない糞。
喰わなければ糞しない苦しみから逃れられるのか?
消化し切れる手立てが何かあるのか?

醜く肥えた下っ腹から、今日も糞が出る。
屁も、出る。
嬉々として、出る。



(初出:2004年12月14日)
2006-08-28 10:22 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補