昨日も今日も明日も

何とてするわけでなく日がな過ごし。
見たとも聞いたとも、なんとでもなく。

それでも「私」は喰らっている。
それでも「私」はウンチを捻っている。

どうも「私」は存在してるだけで喰らうものらしい。
喰らって喰らって、飽き飽きとしているのに。
それでも喰っているとは、まっこと不思議だ。

きっと私しか存在しなくなっても、蛸が足を喰らうのと同じ。
自分を喰らっているのだろう。

食欲など皆無でも、喰らわずにいられない。
それが私。

せっかくなら上手く喰らいたいものだが、生憎そんな器用さは今のところない。
というよりも、上手い喰らい方が想像出来ないのだ。

もっとも上手く喰ったとて、捻り出るものはアイも変わらず。

いやぁ実際、見られたいような、見て欲しくないような。
なんとも複雑な気持ちで、尻を出してるわけですよ。



(初出:2004年12月15日)
2006-08-28 10:24 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補