そらは青空

いつ頃からのことなのだろうか、つい先日まで
「空」 だったものが
少なくとも今は
「そら 」である
しかし
「 あおぞら 」ではなく
それは
「 青空 」であるし
どちらでもあるのが
「 夜空 」と
「 よぞら 」だったりする

古い人で漢字ですべて書いている人がいて
古事記などは私には読みようがないような漢字ばかりだし
しかし平仮名だけで書いてある和歌も多いし

わたしたち日本人は漢字とひらがな、カタカナ、英語/アルファベット…
じつに様々な文字を、あまりにも絵のように使うのだな
そういえば日本という国の名前がハッキリと出来たと確認出来るのは
浄御原令という西暦七百年頃の法律だと書いている学者様がいた

最も古い国名だという話も聞いたことがある
そのときに消えた国もあるし、そのあとに消えた国もある
線引きはいたる所にあって、しかし見えないものだ

漢字 かんじ カンジ KANJI

少し不思議で
くすぐったいようなユカイさと
笑い泣きしてしまいそうな
かなしさを感じる

今日、そら は 青空 だった
2015-01-20 00:00 : カイエ、詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補