パラダイス?パラダイス!

数え切れぬほどの階段をのぼる
とても深い地下であったことを知るように知らしめられながら
もし地獄が地下にあるのなら光に満ちたこの地上!
今、立つ この地上は天上の国に違いない

そこは紫煙の一本すら決して見逃すことのないように
飢えた眼に淀み濁った血を凝固させ
なおも、この上なく朗らかな猟犬どもの世界

穢れそのものである存在を
穢れそのものである存在が
ただ、狂い追いたてるだけの天上世界
あまりにもパラダイスな天上世界

初出:note.mu(20150527)
2015-05-29 00:00 : カイエ、詩 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補