過去メモ~note分 20150601~20150606転記

適当&ランダムに(一部改変)

-----
こどもがアニメの声優さんたちのDVDを喜んで見ていて首を傾げてたが、少し考えたら声商売なのだから至極、真っ当な気がしている

-----
この後の運転が怖くて風邪薬も飲めずに鼻すすってる、そして眠い

-----
あまりにも自己評価の正確なひととの仕事

-----
書類とばかり格闘して言葉を見ていない、薬を飲み続けて効果を見ていない、ひたすら愛し続けて君を知らない

-----
こんな風に書いてみたいと想わされるひとと、こんな風には書けないなと想わされるひとと

-----
くり返しを、転生を、信じたくはないし、あってもほしくはない、拒絶できる限り拒絶したい

-----
疲れきったまま、このままで、雨に打たれてはいたいけれど雨は降っていない。ただスピーカーから雨を降らせてひとり、乾いたままの雨に濡れる。

-----
愛なんてない方が、どれだけ生きやすいものかと想うことばかりしかない

-----
書きたいことが散り散りになり過ぎていて、なにをどう書いたらいいのやらと途方に暮れるが実のところ、その遥か前で疲れきっているだけでしかないのだ

-----
ひと、ひと、ひとという存在を私は嫌ってなどいないはずなのに、むしろ好きなはずなのに大好きなはずなのに、逃げるように遠ざかることしかできない、ひとりでいることを求めずにはいられない

-----
生きる場所が生存する場所に追いつけないまま零れる時計に向かって呼び続けているが、もはや、かすれきっただけの叫び声など不要物でしかなかった

-----
どれだけ冷酷な季節だったら「自分しか愛せない」と泣き続けるきみを訪れずれることもなく過ぎることができるだろうか、きみの愛は自分勝手に深すぎる

-----
なんというおぞましさだろう、狂気のうちに砕けに砕けて消えてしまいたいと想いながら狂気のうちに、砕けに砕けて消えてしまうことでさえ消えずに残ろうと願っているとは、なんというおぞましさだろうか
聞くな、見るな、知るな、知ったすべてなら忘れよ

-----
仕事が嫌いというのとは少し違う、ただ仕事に支配されるがままに任せてしまう、仕事に逃げ込んでしまう自分の弱さが悔しくて、まだ仕事と向き合う強さもスキルもないままであることが悔しくて、そのまま仕事から逃れることしか想いつけないままでいる、もっとも仕事が好きだとは言い難い

-----
仕事から逃れるために隙間を見つけては、狂ったようにペンを紙にぶつけている

(#)

2015-06-08 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補