過去メモ~note分 20150608~20150609転記

適当&ランダムに(一部改変)

-----
リフレインの向こうから向こうへと向かうなにものかが背後に回る気配を感じてなにものかが分からない

-----
ひとりでいることに苦痛を感じたことはないし、むしろ苦痛を感じるのはひとりでないときにしか経験したことがない

-----
<孤独>までの距離の遠さに呆然とするしかない日々を送っているし、むしろ<孤独>であり得ないという点でのみ<孤独>なのではないかと問いたい

-----
私は「X(X JAPAN)」の少なくとも良いファンではない、聴き始めたのも最近のことだし、聴く曲もほとんど決まったバラッドばかりだ、それでも引き寄せられてしまう共感は否定できないし否定する必要もない、否定する力も残ってはいない

(#)

2015-06-10 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補