社長の血液型

あの風さんが、ここで既に笑っては失礼かと想いつつ笑ってしまいますが、
鋭く文芸家の目を以って「血液型」で見る4タイプの分析を試みられています。

私は血液型には精通などしておりませんが、
やはり多くの人を見ていると、一定の傾向がある事に異を唱える気にはなれません。

元来、私の思考には「現れ」というものが御座いまして、
姓名学から近日、試みた易などまで、
やはりそこには何かしらの「現れ」があると見ています。
その意味では血液型も、むべなるかなと。

ただ一点。
さような「現れ」というは、そもそも姓名や血液型に遡らずとも諸所にあるもの。
「一定の法則」に神を宿したかのような面持ちにて人様を当て嵌めんという考えが気に食わぬ、
というところでしょうか?
(風さんの御遊びのことではありません 為念)
血液型に一喜一憂するよりも、自分を、そして人を深く知る術はありましょう。

さて表題に立ち返りますれば、
血液型鑑定士と化した風さまによりますると
日本の社長で最も多い血液型はO型だそうです。
ズバリ血液型を当てられ、似非社長業を営む身としては、
粛として拝受し奉らんと想います。



(初出:2004年12月23日)

2006-09-09 11:08 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補