「脱糞 浣腸」でgoogleトップ

先刻「なぜに、このブログにgoogleから?」と想い、
コレなぞ見て軽くショック。
(今さっき見たらロボットの巡回で外れたランク落ちしたようです 同日21:00追記)
*2006.0910.現在、順位は不明なほどのランク外です

「脱糞と浣腸と」をgoogleさんに拾って頂いた上、
あまつさえ「脱糞 浣腸」でトップの光栄を頂戴しているとは(西暦2004.12.26.)。
その趣味でおいでの方には大変、失礼致しました。
興趣をば、削がなかったことを祈るばかりです。

さてぞ、私自身はそちらの性的嗜好はないとはいえ、
こうして書きものなぞし始めてみると、
ましてや人の言葉まで欲しいと想うとなると、
そこにどれだけの違いがあるのか?
と言われれば言葉にも詰まります。

実際、書きたければ御自由にお書きになるだろうに、
言葉が欲しいなぞという想いを抱えているのは、
まるで浣腸を手にして御尻を捜しているようなものです。

ランボオのような才もて言うのとは訳が違いますが、
こうして書いてみれば、やはり脱糞以外の何ものでもない。
回廊さんが鋭く指摘されるように、生きることを脱糞行為と重ね見れば、
高尚なフリなどバカらしくて出来はしませぬ。

せめてスッキリとしたいもので御座います。



(初出:2004年12月26日)

2006-09-10 21:55 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補