すべてのあなたを

冷たい夜明け前になら、あなたのための塔を建てる
昏い大地を盛りあげて、表土に隠れて美しく光る、あの
無数の霜柱のなか遥か、手があかぎれるまでにも探しながら
「おはようございます」
新聞配達員の元気な声は静寂を静まりおさめてしまうから
色づき始めた夜空にさえ、きっと虹もかかるだろうと
この瞳、その瞳にすらあならの虹ならかかるだろうと
きっと今日なら良い天気、無数のあなたが光り輝く良い天気
だから、この手をあかぎれさせて
もっと、もっと、
もっとのあなたを抱きとりましょう
すべての瞳に虹輝るように
すべてのあなたを抱きとりましょう

(初出:2016/01/29 From note)
2016-02-17 00:00 : Zero Areas Ⅰ/0 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補