ツ 過去メモ~20170401位~ 分転記

適当&ランダムに(一部改変)

だれにとっても不器用な一日が、またはじまる
X JAPAN - Rusty Nail(PV)
https://youtu.be/IXvreqrrh3o

I Want One Ending Only…But There Are No Ending For Me
ZERO AREAS
http://zero-areas.tumblr.com/

朝の光がまぶしい、むしろブラインドから去ってゆくように
去ってゆくものはなにものもまぶしいのか
つぶやくことばをひろうひともなく、ひろうことばも持たない
わたしはぼくを取りもどし始めるだろうか
それは幸いなことなのだろうか

「人間、そんなに簡単に死ねやしないわよ」というお袋のことばは図らずも正しかった

今日ころには死んでるだろうと想って作った記事だ
http://mak00kam.blog58.fc2.com/blog-entry-2103.html

未来のなかに過去を持つからといって幸せかは微妙だけどね

過去の中にしか未来を持てないのだとしたら、それはかなしいことだ

いつかはサヨウナラなので、サヨウナラからはじまるのです、はじめるのです

30分、早めに歩いただけでばてるが、5分、歩けなかった頃より大進歩、それでもいつかはサヨウナラ

夜中にフと気になって眠れなかったことを想いだせない悔しさといったらです、あれです

ホ・オポノポノ・パゥワー!

愛着障害理論って「御説明」としては良いかもしれないけど、精神分析と同じで治せなくなるんじゃないか、あれ

今日は暖かいらしい、そしてカーテンの向こうでは光が踊るのが聞こえるかのようだった、ぼくは世界のかなしみを、もう一度しっかりと抱きしめることにしたの

書き損じたという瞬間の<悔しさ>に対面するのがまた、書くことの楽しさである

なんだか分からんがWindows10って、もはや個人情報云々いってられない時代を告げてるんだなぁと感慨にふけっている

いちいちFnキー+ファンクションキーをしないといけないらしい、かなしい、ひどくかなしい

うっむぅ…やはり速いんだけど今だけなのか?というか、ファンクションキーが、あれれ?なんですが、そういうことなの??

バカみたいなんだが(いや、バカなんだけどね)、結局、パソの設定をしてしまった

戦場に放り出されたなんの力もない幼子たちの物語

トラウマ・サバイバーのエピソードはどれも驚異的で、なぜ、それが「私たちの課題」として向きあわれないのか不思議な気持ちにさせられる

やはり「吐き出すと便意を催す理論」はある、と想う、というか急ぐ

ふてぶてしい結露め

本日、ニュー・マシン到着予定なのだが、セッティングするしぶとさがあるかどうか不安である

九条って殺させる権利の奪取、保持なんだよな、と想いだしていた

春のない桜は愛されるのね、桜のある春は憎まれるのよ、無言の足音たちが根を踏み殺そうと行き交っているの
YUI 『CHE.R.RY-short ver.-』
https://youtu.be/q57rZgurLHw

アイドルとかいうのはある意味、生老病死の広告マンみたいで、酷な仕事だな

時間を欠落させる自由さえあるというのに手ばなすこともなく老いてゆく、田村隆一は老いの嘆きを文字に刻んで棄てられただろうか

強化するループ…ブラック・ホールみたいなものか、反転ポイントはあるか、反転させるシステムとはなにか

揺れることのできない重みを背負ったタオルも、午後には風に揺らめくほどには干からびて

入学式を横目に脱出を図る連続殺人犯、それが「社会人」だ

眠れないまま過ごした夜にも目覚めはある

朝、目覚めてからの行動がパタン化してきてるので不健康になりつつある実感があるがやむをえまいと喜んでいる

一分?いや数十秒?そんな悪夢のなかに永遠が畳みこまれているけれど、消す?消える?

冷たい、春の夜、桜の記憶、夢のなか、消え、眠りを悪寒が包、きみがいるそこ、にひざまずき

散歩、散歩、海の死体が泳ぐ太古の巨木、陽に枯れて時を忘れる、散歩、散歩

なんでアレキサンダーやらクラニオが、よりによってBABから、と苦笑いした
アレキサンダーテクニック クラニオセイクラルセラピー【首からユルめる! 】〜体の“諸悪の根源"を改善させる究極のセルフ・トリートメント〜
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC-%E9%A6%96%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A6%E3%83%AB%E3%82%81%E3%82%8B-%E4%BD%93%E3%81%AE%E8%AB%B8%E6%82%AA%E3%81%AE%E6%A0%B9%E6%BA%90-%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E5%90%89%E7%94%B0%E7%AF%A4%E5%8F%B8/dp/4814200455/

ポチりたい本、閉じる、閉じる、閉じる…閉じれません、その本は決して閉じることがありません

スマナサーラ長老が解離性障害のひとを一種の会議室テクニックみたいなので普通に治しちゃって驚かれてたけど、大丈夫なのか、日本、ダメだろ、たぶん

過覚醒にポリヴェーカル理論、まあ、いいけどカウンセラーだった
誰がために - 石川智晶
https://youtu.be/Tomh1SGQTr8

醒めた悪夢のなかでは雨がふることはなかった、目を開くと路面を砕く車には雨に打たれてずぶ濡れの、たったひとりだけの少女が乗っていた

愛していた妻を、もう一度、もう一度と愛しながら、つぎの愛を探しつづけている

振りかえったときには決して見えないという坂があって、その坂には登りはない、その坂には下りはない、その坂は平らかではない、外部を失った坂は決して見えない

ただ、私たちが傷つけ(あわ)なければ愛することができないのは、外部化を経ないと愛することはできない、そういう盲信によるものだ、愛はナルシスティックにしか働かない、ナルシズムを高める働きを愛と呼ぶのだから

現代が病んでいるのは自らさえをも外部化させようとする排除の…などと考えが及ぶとバカらしくなるのでやめる

敵を自らに取りこむことにより敵対関係を解消する、それは生物が試みつづけてきた、サバイバルのもっとも有効な手段のひとつである

本来、外在していた敵の内部化、つづく内在化によって引き起こされるタイプの病について考えていた、愛は恐怖だが(これは相反する同一物である)、その恐怖に従って私たちは、敵を自らのうちに取りこみ解消しようと試みるのだ

ホラーが怖い間は「極めて安全」だ

激しいリズムを刻む帝国を歌えという脅迫が働くのは、囁く国の方が脅威だからだ

個に対しては無意味さ、全体に対しては意味に向けて恐怖を抱くのは誤っているよ、逆だ

フロー、そう名づけられた男が腰を下ろした浜辺で寝そべりながらエリという女を抱いた、太陽の光がチラチラする髪がうるさかった、殺意とはそういうものだが、それだけだったらつまらないだろう?とマスターはヒゲをそり上げて指の血を排水口に流した

分裂には意図がある、統合には意志がない、そういうことで私には意図も意志もない

低すぎる音だけが岩に反射した、岩に隠れていた砂漠ネズミが高い悲鳴を空に向けて投げかけると当たり前のようにコンドルが舞いおりてきた、夜が終わろうと決意した一瞬だった

重低音シリーズにはまってしまったものの、スピーカーが大したことないので重低音になっていないかなしみをあげる
アンインストール REMIX 重低音版
https://youtu.be/XpxZOeyncx0

太陽の気絶にふさわしい夜がない、昼にしか太陽が輝けないのはそういう理由によるものだと…

どれだけ疲れてもいいけれど倒れてはいけないよ、と冷たくいいはなつ刹那の別れを抱きしめる

見たいものしか見ていないということは、意識できない自分は見たくないものだけを見ているということだ

結局、見たくないものども、聞きたくないものども、触れたくないものども…のなかを探るしかない、嫌気に負けない巧みさを身につけて

姪が関西に転勤するのでバンド、メモっといてとお願いしたうちのひとつ、お気に入りのボールペンと交換こ
04 Limited Sazabys「Horizon」(Official Music Video)
https://youtu.be/KKf2M6vc74Y

晴れたねといっていると曇り、曇ったねといっていると晴れた、わたしたちは永遠に笑うことを忘れたまま愛しあっていた

ふとカラーセラピーを想いだした
「本質=創造性|強み=内なる真の平和と繋がる|今=あらゆるレベルでの浄化|可能性=新しい時代の平和」みたいな感じだった
http://artbeing.com/aura-soma/reading-B043-B002-B054-B012.html

夢を持ってしまったかもしれない、まだ、まだ滅びるわけにはいかないかもしれない

私たちは板に空いた穴なのだ、光が差しこむと広がり乱反射しつづける、光が出てゆくときには集中して燃やしてしまう、穴なのだ

正義で戦うから終わらない、正義と戦うのは疲れる

まあ、半分以上はイビキなのだけれど

眠れない夜がつづくけれど、妻の寝息を聞きつづけられる夜でもある

そういえば早ければ今日か、新しいWin10マシンが届くんだけど、使えるのか不安だぞ?オフィスを使うにしてもアカが必要とか、なにトチ狂ったことをしてるんだよぉ…と

遠くから流れてくる吐息のようにきみを見ていた

なぜ、わたしたちの路面は冷たいのか、受けいれるものも持たずに冷えてゆくのか、ただ、ひび割れるためだけに立ちつくすのか

怒りが溜まりこんで身体も、心さえも破壊するとしても、そもそも怒りを解放するなんてできっこないんだ、恐れと戦うしかないんだ、錯覚と向きあうしかないんだよ

お前に怒りをぶちまけても、俺の問題はなにひとつ解決しないんだよ
現実は戦場 ケツメイシ
https://youtu.be/MBCf16ch5vE

光が降るより、はるかに早い愛が降る、光が追うように愛が降る

怒りなんて、ちょっと怖いな、と想ってしまっただけのことだよ

怒りをぶつけないと壊れると言われた、良いんだよ壊れても、怒りに身を任せるより、ぼくを壊そう
ぼくらの すべての アンインストール 石川智晶
https://youtu.be/P3146a7iWKw

2017-04-01 00:00 : メモ帳 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補