永遠の笑顔に

そっと抱きしめるだけでかりそめに成形されるだけ
その砂のような愛をそれでも求めるというのか
抱きしめるというのは蜃気楼のようなものだと泣きながら、それは

愛することを放棄しながら戦争を放棄するか
愛することを獲得しながら戦争を継続するか
子供たちに突きつけられて教師どもは今日も燃えたぎる
彼らの使命はソルジャーの養成であるに違いあるまい
狂気にだけ駆りたてられた情熱の、
あまりに人間臭さに生き物すべてが死を捧げた

実際、臭くてかなわない、
夕暮れから朝焼けに移り変わりながら戻る風のような季節
熱気を帯びた女の体が男の体を破壊してゆく
真冬の受胎のように女たちは立ちあがり
男どもの屍を踏み踏み踊り狂うだろう

足早にかけぬけるに限る
そんな愛は捨てるに限る
すべてはかりそめに限る
きみの笑顔は永遠に限る
2017-06-03 00:00 : Zero Areas Ⅱ/0 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補