白き炎の如く

良いモノを開発する。
製造する。
商品化する。
販売する。

ステップ毎に色々な考え方がある。
完全プロダクトアウトの突っ走り。
マーケット完全迎合のゴマすり。
どれが良くて、どれが悪いとかなんてない。

儲けられなければ潰れていく。
ただ、それだけ。

だからね・・・儲け方を考えなヨ。
いいモノ作ってたって何年も数億ぽっちの売上だなんて。
そりゃ、ダメだってことに気付けヨ。

別に、ソレが売れなくたって構わねぇけど。
アンタのやりたいよーにやればいいけど。

でもね・・・だから潰れるんだヨ。
デッカイ役立たずになった機械を背負ってね。
数え切れないほどの会社が潰れてきてんだヨ。

「ソコ」に居ついちゃえば潰れるんだヨ。
世間様はドンドン進んでるんだから。

これでいいのか?
いや、全く反対の遣り方が正しいのでは?

考えて決断、決断して考える。
変化、変化、変化・・・
その繰り返ししかないんだヨ。

ったく・・・

人の頭の上の蝿がウザくてしかたない。
どうでもいいのにね・・・

そう、どうでもいいの、おいらには。
自分のこと考えなくちゃいけねぇから。

触れたら凍るほど真っ白に。
氷の冷たさで燃えろ。
白き炎の如く。



(初出:2005年01月18日)
2006-09-17 22:09 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補