嘘つき!

アメリカーンな夢を見た(はずだ)
みんなが多分、見た(はずだ)
だからネイティブは殺されたし
アフリカーナは拉致された

ああ、同じだ、何も変わってないんだ。
なるほど変わってない。違うだけ、だ。
(俺、嘘つきだからね)

乾かし煎じた薬草を吸おう
顔を彩色して森にこもろう
矢じりは研いだ?
ナイフは研いだ?

「車がね、おっきな車を見たんだよ。」
「へえ、どれくらい大きかったの?」
「うちの車より、ずっとずっと大きかったんだよ。」
「そっか、そっか(ワカンネエ・・・)」
「あんな、おっきな車、いいなあ。」
「うん、いいねえ。大きくなったら買おうね(俺は買わねえからな?)」

片側五車線の道路は空いてたので
寝転んでみるとタイヤの音が響いてた
車なんて見えやしないのに響いてた
田舎の砂利道でもそうだった、響いてた

いっつも想うんだよな
(俺、嘘つきだからね)
って
(だからイケナイんだ)
って

忘れちまったからなのかな
もともと知らないからなのかな
嘘つくたびに
ああ、嘘つく旅か
それも悪かないね
正直者は(どうなるの?)
2006-09-19 13:56 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補