セーフ(orアウト)

洗い立てのジーンズに足を通し、大理石の上で滑り込みして
そのままツツーッと突き当たれば終着点かな
きっと立ちはだかるスーツをすり抜けられるかが問題だ
テクニックがいるかな それとも運か
体を柔らかくして林立するスーツをスルスルと

いつでも(どこでも なんでも)すり抜けるのは難しくて、だから楽しい
すり抜けられなかったら?
なんて想うヤツは、きっと自分がどれだけすり抜けているか知らないからなんだ
すり抜けずに行けるところなんてありやしない
すり抜けて、滑り込むんだ(僕の友人には潜り込むのが得意なヤツもいる)

青空の下で野球をするのは、きっと、そんな練習のためだ
雨の日もいいね、練習になる
雪の日は、ちょっとつらいね 滑れないことがある
本当は滑れないんじゃない
滑るコツが必要なんだ
そう、必要

どれだけ速く走れても滑れないヤツは滑れない
滑った積りが体当たりになってはホームは遠い
滑って、滑って、滑り続けて
スクッ
とホームに立ち上がるんだよ
チラッと審判を横目で見てね
キャッチャーの肩を叩いてね

滑るには、やっぱりコツが必要なんだよ
2006-09-22 13:15 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補