願い事、一つ

賑やかな山をお地蔵さんが駆け抜けて
それは、素敵なことだった
荒れた海もお地蔵さんが駆け抜けて
それは、素敵なことだった

どれだけの子供が喜んだか知れやしない
「今度は、空を翔けてるのを見るんだ!」
うんと多くの子供が楽しみにしてるに違いない

お地蔵さんだって疲れると想うけど、
あの疾駆はカッコいい
目にもとまらぬ、とは、お地蔵さんのことで
あの疾駆は、それほどにカッコいい

世界中のお地蔵さんが一斉に駆けると
それは、それはカッコいい
世界中でお地蔵さんが駆けていると
それは、それはカッコいい

だから、だからお地蔵さん
赤い前掛けのお地蔵さん

きっと、きっと駆けて欲しいのさ
それはそれは、素敵なことだと想うから
お地蔵さんも駆けたいでしょうから

これはきっと、いいお願い事だと想うんだけど
どうだろう?
2006-09-23 17:37 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補