蛍火

スン、スンと光跡が交差する
月のない静謐な夜でした
星もない静謐な闇でした

天地も危い闇穴に
それでも立っていられるのは
なんとも不思議な気持ちがします


飛び交いもせずジッとしているのは
来年らいとせに命継がんと試みているところでしょうか
それとも、そうとは知らずに可愛いお尻をチョチョン、と

眼を細めればスペクトルも鮮やかに
それでも静かに浮き飛ぶ君よ
どうか一人にしないでおくれ

こんな素敵な夜に
一人でいるのは勿体ないから
一人で過ぎても忘れてしまうから

君の瞳に映るこの夜を
僕の瞳に映るこの夜を
いつかその時が来たら想い出せるだろう?

だから傍に居ておくれ
記憶が闇に包まれる前に
全てが闇に包まれる前に



(初出:2006年02月14日)
2006-09-27 23:48 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補