蒼穹の刃

確かに嵐は、月のせいじゃない

それでも右の指先を陽の方に伸ばすと、
急速に鋭くなったやいばは未だ深き闇高く、
それは高くに切り込むのさ

左眼さがんに遠映えるさざなみは、澄まし朱して深懐か
奥には黄色く醜い骸骨が、
忌々しげに舌打ちしつつ「一時さ・・・」と嘯き、包み込まれているらしいけれど

痩せ細った腹は、それでも陽を受け、紅く紅く燃えている

星々の囁きを切り裂きながら、
鼻先を掠めて闇をあばかんばかりに過ぎる刃を受け、
月は急いで、ホライズンに佇む太陽に寄せ身した
頭を出そうか迷っている最中に、迷惑じゃぁ、ないかい?
昨日の嵐は俺のせいじゃぁ、ないんだよ

確かに嵐は、月のせいじゃない

たっぷり大雲を飲み込んでた荒波も
そこから長く黄色く伸びたあの骨も
骨に捕まり闇海に喰われた友の翼も

確かに嵐は、月のせいじゃない

左の指も伸ばしてやれば、薄刃は遠くの雷雲を切り拓く
両の瞳に映るとて、天海定かならぬ闇の閃光一筋きりさ
痺れ切った刃もいつまで保つやね

確かに嵐は、月のせいじゃない

確かに、嵐は、月のせいじゃない



(初出:2006年02月28日)
2006-10-01 11:03 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補