依拠

消えた昨日と今日の境目で、やはり失われた夢と生きている時間と
もう一人の私と世界とを知ることでも叶わない、届かない果て
数えられるだけの涙は全て数え尽くした
数えられるだけの笑いを全て数え尽くした
そして数えられる私はいない
白い雲を抱いたエアーを吸い込んで眠るだけだ
ダイヤモンドの結晶を舐めたときの舌の痺れを胸に
窓の向こうにいる私と会えない私と
そうして一つ一つ分けていくと私は透き通った光の中に消える
全てを分け尽くして透き通った光の中に消える
数え尽くす世界を、私を
記憶に追いつけないまま、世界は、私は
指先に残るほんのりとした温かさと濁った氷の冷たさと
それら全てが溶ける私の、あの一点と
その一点に灯る、動かない炎を持つ蝋燭と
動かない炎が激しく燃え上がり続け
照らされた全ての影が遠くまで伸びると
静かに時を終える鐘が響くが
私の鼓動は落ち着かず、激しさを増し、喘ぐ息が跳ね
ゆっくりと凪いでいく、あの海のうねりのように静寂に身を委ねるいやらしさに対する嫌悪だけが存在の頼りです。
おとついに見た、地平線に向かう夕雲の記憶だけが頼りです。
ゆっくりと溶けていく飴を口にしながら見た、あの夕雲の。
2006-10-28 11:13 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
大きいことは良いことだ «  ホーム  » わすれもの
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
掌編稿『帰るところにあるまじや』
 かあさん、とうさん、僕には随分、あなたがたが遠くに在るようで・・・未だにその想いを拭えませんよ。いま、僕の嫁がこの来るべき寒さを忍んでマフラーと防寒帽を編んでくれているのですが、柄にもなく、かあさん、あな
2006-11-01 : 12:37 : 魂暴風*a dawn note
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補