Ready?

TVでオーシャン・イレブンを見てました。
むむむ・・・むむむむ・・・むむむ、むむ・・・

編集も仕方ないし、それはともかくとして、
邦訳版だとしょうがないのかなぁ?
でも、ヤッパリ、あのシーンは、と。

仲間が結集、イザ決行のとき、字幕版は何度か見てるんですけど、
「Ready?」「Set」「Set」「Set」
てな応酬があって、これがスンゴイ格好いいんですよ。
このシーンのために今までがあって、「その後」も生きるみたいなほど。
あのスピード感とかトリックなんかも、この一シーンに飲み込まれちゃうほど痺れてたのに、
邦訳ば~~~ん!!!!orz

日本でも、そういうのってあるじゃないですか?
「OK?」「OK」「OK」「OK」「Go!」
みたいなの。
その瞬間に、それまでの準備とか、今後が集約されて。
そこを、あくまでクールに、
「Ready?」「Set」「Set」「Set」
だからいいんだよぉ~~~~~~~!!

まぁ、仕方ないのかなぁ・・・

こういう台詞って、アメリカ映画に意外とありますよね。
学生時代の寮友、コイツがトンでもないヤツなんですが、
ちゃっかり弁護しかなんかになってるので、そのうちに書いてやろう( ̄▽ ̄)v
・・・は別として、ソイツと映画を見に行ったんですね。

ロバート・デ・ニーロの、目立たない作品だったと想いますが、
デニーロが刑事でマフィアの会計士を護送するんだったかな?
で、マフィアやらの追撃を共に交わし続けているうちに友情みたいなのが芽生えて、
でも、そこに「友情」なんてあっちゃいけなくて。

そのラスト・シーン、結局、別れていく二人。
後ろも振り返らずに一言だけ。
「See you next life」
クゥ~~~!かっこええ!!

って映画館出たらオサラバだったオイラたちは、どちらからともなく、
「See you next life」
とか言って、振り返らずに雑踏に消えていったりしましたもんね(爆)。
コイツ、本当に「See you next life」になりそうになりましたけど。

それは置いておいて、このラストの一言で、B級の映画だってなんだってOK、OKでしたもんね。
これって、日本語にしたら、
「あの世でな」
みたいな感じがギリギリかなぁ・・・

それでも、英語のシビレル感じが出ないんですよね。
こういうのって、翻訳しないでイクのって無理なのかなぁ?
ココだけ字幕にするとか(爆)。

映画にも、そういう難しさがあるもんなんですね。
うぅ・・・



では皆さん。



See you next life(morning?) !

2006-07-30 00:26 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補