大切な日

普段、自由気儘に好き勝手させて頂いてる父親(?)としては娘の誕生日くらいは望み通りに、と普通に想う。
もう一週間も前だろうか?私としては、どうにも気が進まないその店を娘は指定した。
入る前から予感は、ほぼ的中。いつ壊れたのか分からない駐車場のゲート、コンセントも入れられていないまま放置されたままの立て看板・・・

それでも不機嫌な顔は・・・と想いながらも店内に入っても、まばらな客に増して店員が見つからない。
(来ちゃったよ、まったく)
いかに笑顔で猫撫で声を出しても考えてることは想像がつく。
案内するでもなく、空席の間を我々を無視して通り過ぎながらカウンター奥へ。
勝手に空いてるところに座って下さい、ということか。

お決まりのように大声で呼んで初めてオーダー。
フリーのドリンク・バーに行けば空きグラスのないケースがドン・・・
籠の中のスプーンは磨きが甘くて汚れっぱなし、頼んだビールは一向に来る気配はなく、適当に洗浄後のスプーンを撫でながらウェイトレスらしき女性と談笑に夢中の男性、そちらの方が大事とばかりに客から見え難い角度にいる女性、話から外れて所在無くあらぬ方を向いているもう一人のウェイトレス。
挙げ続ければキリがない。

外食中の店内で不機嫌な顔をすることは、まずない。
女房が顔をしかめるようなケースでも、曲がりなりにも外食産業で鍛えてきた自分としては店の状況からやむをえないと判断すれば、すぐに諦める。
だから、私の不機嫌に一番に気付いたのは女房だった。
それでも我慢に我慢を重ねた。

よ~やくに頼んだハンバーグが来た時だ。
温い鉄板に形ばかりに乗せたもの、どうせ冷凍モノを焼くだけの調理。
それが焦げるなど、あり得ないわけだが、あった。
さすがに焦げ側を底にして。
キレた。www

私が食事にケチを付けることなども、まずない。
幼少時、「おいしくない」と一言すれば、食事抜きが当たり前。
美味い不味いは二の次に胃袋に収める。
それが習慣になって、余程のゲテモノ以外なら美味い不味いを別にして無表情に食う。
必要なら「美味い」の一言も添えて。

・・・が、我慢の限界を超えた。
女房はそれを察知、子供を急かし、私も大方の子供の満足も得られたところで先に天外に出て煙草を吸っていた。

帰路、「あの店は、今後、絶対に行かない」という私に、当の娘が同意した。
あの店は遠からず潰れるだろうこと、潰れないとしても、それは儲かってなくても潰れない仕組みであること、そういう商売は身を危うくすること・・・などを子供にも分かるように丁寧に教えた。
こういう時、自分が商売をしていることは便利だ。
少し寂しい誕生日だったが、一つ、学ぶことが出来て良かった、とも言える。

洋菓子が本業の、そのレストラン。
今、その洋菓子で大問題を引き起こしている。

雪印事件の時の記憶が蘇る。
お歴々は自分の保身、行く末しか考えてはいないだろうが、その見えない先で、自分達の生活を掛け、必死に夫君の会社信頼復活のために家々を回っていた御夫人達が見えていただろうか?
いや、少し前なら彼女達も、そのレストランの従業員と大差なかったのかもしれない。
それは分からない。

うがって見ればタイムリーに過ぎるのだが、私の人生は吹く風次第のせいか、かような現象には度々遭遇する。
それにしても・・・・・。

なんとも言いようがない。

本当は、今日はデスノートについて書こうと想っていたのだが、それは後日。

「どうせ分からない」
そんな無理無体が通じ続けている企業もあるが、それが永遠だと想われては困るし永遠であっては欲しくない。
本年の厄落としにはなったのかな(苦笑)?
2007-01-12 00:11 : 消去一葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補