眠り

ところどころ地面をあらわにする斜面の先で永い眠りにつけると想い、歩き続けた。丘の上は素晴らしく晴れ渡り、暖かい陽の光さえ駆け巡っているというのに、遠くに漂う大きな黒雲に染められた緑はどす黒くくすみ、なま温かい風に首をグラングランと揺らされていた。
いつもは、あんなに素敵な君の真っ黒な瞳も虚ろに暗い海に飲み込まれたままで僕はいない。いない僕は、眠れない。
少し遠く、小さな人影がちらつく灯台の周りをトンビだろうか、鳥がホバリングしている。何度も何度も、ただただ周り続けている。
こちらに、その瞳が向けられたとき、どんなに間抜けな僕が見えるのだろう。彼女は見えるのだろうか、彼女と僕とは何をしているように見えるのだろうか。
気付いた君の掌では二つの小石がくるくると器用な指先に回され、それが僕だとしたら、どんなにか疲れることだろうかと想うとやけに可笑しくて泣いてしまった。可笑しくて可笑しくて、泣いてしまった。
だから今は強かった風も凪ぎ、少しだけ生暖かい空気が僕を包んでいる。カラカラカラ、と君の掌の音だけを耳にしながら僕は生暖かい空気に身を任せている。
どっと、それまでの疲れが身を襲い、どっと、それまでの疲れが気持ちを昂らせていた。そして僕は卒倒した。目を開けて空を見上げ、掌の音を耳にしたまま卒倒してしまった。
その時の僕に覆い被さってくる君、重ねられた唇、間近でそれとも分からぬ瞳。
それらが僕の本当の眠りの全てだ。僕の眠りはいつも勘違いの先にあって、どうしてこんなにも僕は鈍いのだろうと想う。
そして眠りの中で、もう一度。
僕は眠りの中で、もう一度、眠らなくてはならない。
ところどころ地面をあらわにする斜面の先で長い眠りにつけると想い、
2007-07-06 21:33 : 落陽 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

おひさしぶりです
いつかまっくさんがおっしゃっていた、こちらの記事内に書かれていた、アルコール臭に浸された、あのお言葉の意味を、いまごろになって私は理解しました。そして分かった途端に軽くなって、すごくいい状態を保っています。保っていると感じられます。
まっくさんはもう忘れてしまったかもしれませんが、私は忘れていないので、(心のなかで)ありがとうございます、と言ってみました。聴こえなくても言ってみました。
そうこうしているうちに冬が来て、ブログ更新なんて厭きちゃった私は、もうしばらく休むつもりでいますが、ただログインするだけで↑のスポンサー広告は消えるようなので、ログインだけはマメにしとこうかなと、妙に潔癖症に、そんなことを考えていました。
2007-11-13 19:46 : itu:kairou URL : 編集
また来年。
 まっくさんとは更新が無くとも何がしか繋がっている気が致します。私の誠に勝手な妄想でしょうが・・・(微笑)。来年、いつぞやかまたお逢い致しましょう。更新、愉しみに気長に待っておりますね。美城丈二
2007-12-18 19:50 : 美城丈二 URL : 編集
スパムTBが・・・
千単位で溜まるという事態にすら気付かずにおりました。orz

御久しゅう御座います(^^)
>アルコール臭
う~ん・・・いつもアルコール臭が漂っているので分かりませぬ。
が、なんにせよ、kairouさんの何かにナニ出来たのであれば幸いです(違)。
またポツポツお願いします。
2008-01-23 16:36 : まっく⇒itu:kairouさん URL : 編集
さて新年(笑)
御無沙汰しておりまする内に新年が・・・。

>更新が無くとも
ああ・・・あああ・・・・。orz
少し新しいことをしたりしてる内に、稀に気にはなっていたのですが、ブログのことを忘れておりました(汗)。
美城は相変わらずの精力的な活動をされている御様子にてお恥ずかしい限りです。
本年も宜しくお願いいたします。
2008-01-23 16:41 : まっく⇒美城さん URL : 編集
« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補