水滴

そこに非在する蛙の身に浮かぶ水滴が絵に描いたような水滴
明るい陽の下に黙って光り続けている絵に描いたような水滴
冷たい風に吹かれて形を変え、そのいくつかは蛙の身を滑り落ち
その水滴は消えていくのだけれど消えようがないのだけれど
蛙と私との間には間はなく、そして遠巻きに見つめているだけで

蛙を照らす、見たはずの光の陽は鮮明に私の影を照らし
消えない光と消えない影と斜めに沈んでいく冷たい太陽は、すべていつまでも同じ場所にあり、動き続け、現れ続け、消え続け、
ただ紡ぐ言葉の在処を探るような作業に飽いて、ただ紡ぐ
そんな紡ぎ方を忘れられたままに泳ぐ言葉達と、やはり知らない君をそこに見て私は笑う
あまりに可笑しくて、笑ってしまう、泣いてしまう

土塊さへ身にまとっている、非在の蛙を見て私は笑ってしまうのだ
遠くでは潮の香が風に運ばれ、きっと多くの恋人達は抱き合うというのに
髪梳く潮風の中で君は笑い、強く抱きしめられて無言で遠く想うのだ
かなしみさへあれば、などと想いながら君は抱き返し笑うのだ

そして暗闇に包まれた中で、非在の蛙だけが水滴を身にまとい、その光を浴びた水滴が一粒だけ落ち続けて消え続けて、永遠に光を浴びつ消え続けて白い縁取りの大きな花弁の赤い花
そう、その赤い花の花弁にも水滴が乗っていたのだ
きっと暗い中で赤味を帯びた、その水滴に触れた指は私の指であったのに、その指紋の隅々にまで水滴は行き渡ったはずなのに、今は
ようように想い出してきた、あのいくつかのことは遠くになく、ここにもなく
だから君はきっと、僕を笑う
きっと、ボクヲワラウに違いない
2008-01-28 23:23 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補