昨日、書いた改行記号

それ以外は、その前も後もどうでも良いのだというように、君は改行記号だけを見つめている。実際、私の手はペンを持ったまま宙を漂うだけで後といえば別の原稿用紙でも持ってこようかというばかり。それまでに書いたものも全て忘れてしまった。
「改行は罪そのものなのよね憎悪、それとも罰なのかしら?」と君はこの上なく美しく意地の悪い微笑を浮かべながら改行をなぞり、私は唯、その横顔を見つめるだけで窓外の庇からここ数週間の寒さが運んだ雪が融けて落ち、夫婦のメジロが梢を急ぎ渡って行く。
「君のいうことはいつもサッパリ分かりやしない」と呟くと「私も」と同じトーンで呟き、私の掌に掌を合わせて消え、そして私は溜息をつく。私達の関係は、そういうものだった。
近所の公園に行くと私は砂場に近いベンチに座り、残された遊具の汚れ具合を確かめ安堵し、全てに安心した気持ちになり、そして家を想い浮かべては不安に駆られ、また歩き出す。
朝焼けの中、風に吹かれた新聞紙が舞う中を新聞配達の少年とすれ違いながら佇み、酔っ払いの吐瀉の匂いの中に改行記号を残して少しだけ歩く。やがては学生や勤め人で溢れる駅前の商店街を、ゆっくりと歩く。
時折、シャッターの音がカラカラと響き渡り、そして又、全てが朝焼けの中に溶けながら今日を想い出すけれど、私は昨日のことや明日のことばかり考えているから歩くしかない。そうこうしているうちに、きっと私はあの公園に再び戻るしかなく、やはりボンヤリと砂場に近いベンチに座り、残された遊具の汚れ具合を確かめる。
空に向けて七十度の角度で刺さったプラスチック製のおもちゃのシャベル、その柄のひんやりした感触を手に受け、さらに砂場に押し込みながらカサカサと舞う枯葉を身にまとい、きっと何かが間違っているに違いないと想うのだけれど、それが私自身だと気付いてからはその柄に触れることもなく「改行は罪そのものなのよね憎悪、それとも罰なのかしら?」と泣きながら私は呟き続ける。
2008-02-15 22:57 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補