天川(初出:2006年06月23日)

満月浮かぶ 濃紺に霞川
笹舟 浮かべて乗りましょう

永の年月も悪くはないのです
乙姫様が呉れた 葦笛

とおく、とほく葦笛は響く
その先に 何を得る

頬掠める塵星が散る
頬打つ涙雫が散る

あなたは何故に そんなに啼くのですか
せっかく集った蛍火も 霞んでしまうではありませんか

彼方に微笑む満月は
あなたの涙に濡れ鼠

あなたが啼くと 私の葦笛も震えます
あなたの涙で 私の葦笛は震えます

笹舟の縁が濡れるのは
あなたの涙のせいでしょうか

やがて涸れることも忘れ
そうして涙し続けるのでしょうか

笹舟は独りきり
どこかで遭う
あなたを求めて独りきり

----- コメント -----
1. Posted by 綾見由宇也 2006年06月24日 18:03
まっく様、僭越ながら良い詩かと。葦笛・・・幼い頃に僕も作って吹いた記憶があります。情景が浮かんでまいりました。僕はあなた様の詩を読んで、いま彼方に想いを馳せております。綾見由宇也

2. Posted by まっく 2006年06月25日 10:41
綾見さま、こんにちは。身に余る御言葉、恐縮です。季節柄、幼少の頃の夜空を想い浮かべて書かせて頂きました。残念ですが、今の時代の方には読み難いかもしれません。

2009-09-09 22:56 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補