クシャミの季節(初出:2012年03月15日)

君の唇に触れようとしたらね、くしゃみが出てしまって。
それで鼻がぶつかって、君が凄く怒ってしまったから。
僕はどうしたいいのかな?困ってしまった。

世界のアチコチで、皆が鼻をぶつけているね。
少し唇に触れようとしただけなのに、鼻がぶつかるなんて。
本当は可笑しいことなのに、君は少しだけ怒りんぼさん。

世界には6億人もいるんだってさ。
今、僕がいる世界は100万人。

数字で並べるとね。
600,000,000
1,000,000
600人に1人になるんだね。

そこでも鼻をぶつけて怒る人がいるのかな?
僕も怒ってしまうかもね。
でも、出来れば君を抱き寄せてあげられるようになりたいな。

君は「風邪がうつるから・・・」と言っていたけれど、
二人で一緒に風邪になって、ゆっくりと休むのも良いと想うんだ。
皆で一緒に風邪になって、ゆっくりと休んでも良いと想うんだ。

きっと皆、元気なんだね。
元気なのは良いことだ。
でも僕は、君と天井を見ながら話すのも好きだよ。

君の隣に寝ながら見る天井には、君の心が見えるから。
それもきっと、悪い事じゃあないさ。
2012-04-19 12:49 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補