望景(初出:2012年04月29日)

言葉にならない言葉は降り積もり
遠く遥かな頂が山鳴りに想いを託して
沈む陽の彼方に光る星を夢見たが
風の気配が通り過ぎ樹氷が散るだけだった

朝を追う円い月は中空に貼り付き
沈黙に集う猫達の瞳に映る

街灯の間を抜け行く靴音は遠くから返り
開く事のない窓硝子の煌きを想い出すが
戻る宛てとてなく、どこまでも続く沈黙を過り
夢と夢、さらに夢と渡り歩く

朝の記憶は夜には蘇らず
消えた火は微かな暖かさだけを残し
凍り付いてゆく部屋を漂うが
私の心は暗闇を求め、沈み往き
戻る事のない空虚な愛を目指す

優しい冬の匂いが、いくつもの屋根を渡り
過ぎてしまった春を季節の遠くに追うが
打ち寄せる波は音を手放して砂に消え
底のないグラスに涙が満ちるのを待っていた
2012-04-29 11:36 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補