鏡の中を見つめていた

もう訪れまいと想った街に必ず再び赴いてしまうように
再び訪れようと想った街には決して辿り着くことが出来ず
私達と世界の間には不可思議で強い相関関係があり
そうして私と貴方とが遭うことはなくなったのだった

実際の所、先行しているのは世界であって
私達は先行する世界に逆行することで愛の哀しみを知り
別れによって愛に出遭うことを知り
喪失の中にしか存在しない優しさを知るのだ

その奇妙な構造は貴方の話してくれたことでもあり
頑なに出遭うことを拒絶した理由でもあり
たった一度だけ出遭うことを決意した理由でもあった

そうして愛は選択不可能な別れを運ぶので
人々は常に愛を憎しんで止まぬままに恋をして
愛に至らぬよう細心の注意を払い留まるのだが
その日、貴方は私の映る鏡を叩き割り
私の方に振り向いて、寂しげな微笑みを少し頬に浮かべ
涙の光の中に遠ざかっていってしまったのだった
2012-07-24 00:00 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補