雪の降る日の賑やかさよ

深々と雪の降る日は賑やかです

雪に雪と、重なり重なり降り積む音
風に煽られ、閉めた雨戸を叩く音
地熱に融けて消える音

どこか遠くに耳を澄ませば
チェーンが雪を踏み潰す音
雪合戦に興じる子供らの嬌声までも

ストーブの焔が揺れる音
寒さに震える身震いすらも賑やか過ぎて
微かな嗚咽は、きっと聴こえやしないでしょう

ただ貴方の全てだけを除いては
雪の降る日は
あまりに賑やかに過ぎるのです

開けたはずのドアの音も
遠ざかって行ったはずの足音も
貴方に繋がる足跡さえも

雪の降る日は
貴方の全てだけを静かに包み
深々・・・

深々と、賑やかです
2013-03-01 00:00 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補