バイオ・ハザード

ゾンビが襲い掛かる時、怖れるのは何ものか

剥き出しの歯牙に切り裂かれる痛みだろうか?
無下に死にゆくことだろうか?
自分でないものになることだろうか?
ゾンビとして人を襲う未来だろうか?

昨日は棍棒が人類はじめての道具だった
今日は貨幣が人類はじめての道具になり
何ものも恐れない顔をして生きている私達

最後に手にする道具は何か
幻想であって構わないから愛であって欲しいと願う
愚かな想い込みと笑われても構わないから
愛であって欲しいのだと祈ってしまう

神と大地との間に挟まれたまま
被害者という加害者が積み重なって
加害者という被害者が積み重なって、どこまでも高く
バイオ・ハザードは果てしなく荒れ狂い続けている

眠れよ、子供達よ 今だけは未来もなく
眠れよ、子供達よ 今だけは愛もなく

起きろよ、子供達よ 明日の道具を握り締め
起きろよ、子供達よ 今日の私達を打ち殺せ
2013-04-01 13:57 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補