日曜の銃弾

日曜に放たれた銃弾は月曜の雨に打たれる
火曜には風に吹かれて少しは雨を振り払う
水曜には陽に乾いて干乾びもする
木曜には潮風に吹かれて赤く変色し
金曜には来た道も行く道も忘れてしまう
仕方ないので土曜には銀色の粘土を練って
また銃弾を作り直す

せめて一周で良いから地球を巡り、この心臓に届いたのなら
きっと、それは素晴らしい
その時の銃弾は、きっと正面から心臓を打ち抜くだろう
振り返りもしないままの心臓の正面から打ち抜くのだ

ジャングルを掻い潜って荒野を抜け
砂漠の砂嵐を打ち破って七つの海を渡り歩き
空に触れる山の頂で凍て付きながら
星の美しさについて語り尽くし
月の罪について語り尽くし
それから私の、この心臓を打ち抜いて
きっとどこまでも全てを打ち抜いてゆく
2013-04-08 12:14 : 落陽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補