空はヨイヨイ、海は怖い

右手に旋回する車を駆る無人によって
少しづつ死んでゆく道路は地図で包まれる
少しづつ生まれてゆく道路は拾われないままだ
そこで、壁に激突するゼロを一つあげよう

その音を聴いたなら空が歪むゼロの衝撃
それによって道路は生まれるのだから
あちこち掘りながら探してみよう

その上に雲が浮かぶ丘の向こうはどうだ?

破けた丘の穴から覗き込んでみると
そこには真白な雲が礼儀正しい半円を並べてモクモク
空はグラデーションを真似て
青から白へと縞模様を展開しています

突っ込んだ首がめくれたブリキに引っ掛かって
抜いたは良いけれど血だらけだ
それでも報告だけはしましたよ

その上に雲がない海の向こうはどうだ?

捲り上げた底を追い掛けてみると
そこには真っ暗なマグマが捨てた怒りを追い掛けてグラグラ
海は呆れた青を真似て
哀しいから可笑しいへと縞模様を展開しています

突っ込んだ首がめくれたアスファルトに挟まれて
抜けないのを良いことに戻りません
それなので報告は出来ません
少しだけゼロを見たような気はしましたが
2013-05-13 00:00 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補