一生徒として

後部座席が統べる場所を見渡すために
平行移動により中央に、非平行移動により中央外に
中核に迫る意思による中核からの離脱により
中核から最も離れた位置が中核であることに気付く

   誰もそこにはいなかった
   そこにいないから見ることが出来た
   見ることが出来る場所では
   見えないものは知ることすら出来ない

時刻が訪れる理由は時間の誕生から遠ざかる
死が訪れる理由が誕生から遠ざかるように
誕生が訪れる理由が死から遠ざかるように
詩人が謳うべき何ものも知らないように
詩集に謳われるべき言葉が知られないように

話の始まりは中央の席への移動だった
動く間、席が移りゆく間
深い谷間の奥にある小波の微かな音
それが空に跳ね返るのに似た音が踊り続けている

中央の席に座ると教師の声が遠くなった
講義を聞いていない誰の聞くよりも遠くで聞ける快感
友達を失う中央席は正しく位置付けられ
恋人を失う時刻を正しく読み取ることが出来
愛を忘れる季節を正しく迎えることが出来
誰にも譲りたくない意志が居座っていたのだった
2013-07-02 00:00 : 想葉 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

拝啓




Author mak From "空白"

想一葉、兼訪問帳

星々の冷却(書肆侃侃房)
渓谷0年(オンライン版)
Both by mさん

【 無意味という意味 】
すこしの風を追いかけて
【 短文 】
大海にも降る一滴
2015.07.17.

For Admin

落書内検索

月毎落書

一言お報せ

リンクは勝手に頂戴、削除してます
ご迷惑な場合は、ご一報下さい



メール・チェックは非常に稀です


BlogPeople

出現するかもエリア-転記候補